So-net無料ブログ作成

チビ玉ちゃん! いいのかなぁ~? [サボテン実生]

ここ数日は急に涼しくなってきましたが、雨続きでもあります。
早く秋晴れの空をみたいなぁと思ってしまうのは私だけではないでしょう。
そんな今日も芽サボ&リトープス種の様子をじーっと観察します。

リト種は播種後4日目ですが、まったく変化ないように見えます。
でも、小さすぎるんですよ。変化を自分の目が捉えられていないのかもしれません。
いままでのサボテンの種は色も黒いので、変化が見えやすかったのですね。
ルーペは必要です。子供の科学教材のルーペをを借りてよく見直しましたが、
それでも種はまだ割れてませんでした。やっぱりあと1週間くらいかかるのかなー?

芽サボ達もたいした変化はなく、
一言で言えば、徒長して日焼け君ばっかりで遅々とした成長の日々。
でも、ちょっと変な芽サボが出てきてしまいました。
一番の徒長と日焼けを誇っていた(?)徒長バラ丸君…です。
ずっとこの子だけは変な毛の生え方しているなぁと思っていたのが…

今日のバラ丸
  ↓
バラ丸9.12

画像真ん中の芽の上にちっこい玉サボテンがのっています。なんかとっても可愛いー(*^_^*)
でも、これって成長点を縛られてしまった結果の必至の姿なのかもしれん。
玉がこのまま大きくなっていくのかも気になります。
よくみると、周りのサボも相当に日焼けていますね。
これは私の育てがいかんのやね! (全面的に反省中)

涼しくなってきて、この先ベランダの観葉植物を室内に戻す必要があることに気が付いてしまった。
今までベランダで放任していたのですが、新顔もあるので一体どこに置けばいいの?
状況によっては耐寒温度が5℃以上のものはベランダに放置かもしれません。
第一候補はクワズイモとオリヅルランとブライダルベールですね。
オリヅルランとブライダルベールは経験からベランダ越冬可能とわかってますし、
クワズイモは越冬していたイモを掘って植えたわけだから、イモさえ溶けなければ良しでしょう。

今年はまだ全然問題ないですけど、来年はサボテンの置き場も考えないといけなくなるのかな?



共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。